豊かで柔軟な発想、変革のための強靱な意志。
そこには、「現状維持」という安易な妥協はない。
医療・介護の現場は今、
地域包括ケアシステムの構築に向けた動きが、
大きなうねりとなって広がっている。
地域に根ざした目標と、
目標実現のための手段が明らかにされ、
賛同者がつながり、強固なパワーが生まれている。
ATTENTIONが伝えるのは、
このうねりの中で輝きを放つそれぞれの取組である。

最新号コンテンツ

地域包括ケア最前線

慢性期リハビリは「街」が担う
- 脳リハビリ医の街づくり-

「初台ヘルシーロード」をはじめ いくつもの事業をリードしてきた酒向正春医師に、 ケアの視点からの街づくりについてうかがった。

インフォメーション

明日の地域包括ケアを考える医療・介護経営情報

ATTENTION無料送付のお知らせ

●年4回発行 ●A4判 ●非売品

  • 読者アンケート
  • 広告掲載について