装う・食べる・住まう…
生活の基本はまた、人生の楽しみでもある。
今、日本が直面する超高齢社会の中で、
こうした日常と人生の楽しみを支える取り組みがある。
しかしその地域包括ケアシステムの取り組みも、
日々の生活に落とし込まれたカタチでなければ、
意味を成さない。
ATTENTIONが、気づき発信するのは、
この時代のクオリティ・オブ・ライフを
街ぐるみで支える仕組みと行動である。

最新号コンテンツ

地域包括ケア最前線

「最期まで口から食べられる街、新宿」 食支援の聖地を目指して

訪問歯科医であり、ラジオパーソナリティでもある五島朋幸さん。 東京・新宿で、高齢者の食支援に取り組む専門家集団「新宿食支援研究会」を2009年に設立。街ぐるみで「最期まで食べられる」を目指している。 取材・文/富田 チヤ… Read more »

Watching! ヘルスケアイノベーション

Aging2.0 OPTIMIZE報告(2)

ヘルスサービスリサーチの視点から 幸福なケアについて考えよう

地域包括ケアシステムを支える 新たな指標づくり

インフォメーション

明日の地域包括ケアを考える医療・介護経営情報

ATTENTION無料送付のお知らせ

●年4回発行 ●A4判 ●非売品

  • 読者アンケート
  • 広告掲載について