地域包括ケアシステムが動き出すためには、
乗り越えなければならない壁がある。
介護を必要とする人とその家族の間に、
医療介護の専門職同士の間に、
家族と専門職の間にも、見えない壁が存在する。
経験から学び、知識を生かし、
仲間とつながりながら、
今、その壁を乗り越えようとする人がいる。
その先にこそ、地域包括ケアのこれからがある。
ATTENTIONの伝えたい未来がある。

最新号コンテンツ

地域包括ケア最前線

患者と家族を丸ごと包む 「地域にとろける医療」のために

訪問診療医として地域の高齢者を支えながら、講演活動や認知症への啓発活動などを積極的に行う髙瀬義昌さん。「たかせクリニック」開業までの経緯と在宅医療の現場の実態から、地域包括ケアの未来の姿を探る。 取材・文/富田 チヤコ … Read more »

そこまでやるか!在宅医療 第1回

“爪切り医者”の在宅往診

インフォメーション

明日の地域包括ケアを考える医療・介護経営情報

ATTENTION無料送付のお知らせ

●年4回発行 ●A4判 ●非売品

  • 読者アンケート
  • 広告掲載について