ATTENTION ごあいさつ

人と社会に変革をもたらす___ 。

それがイノベーションの目的です。そして、どこへ向かって変革をしていくのか。どんなイノベーションによって変革をするのか。その方向と方法を掲げるのが、リーダーの役割といえます。すなわち、人と社会の変革は、人の志とその行動から始まるのです。
“ATTENTION” は、変革の結果ではなく、変革の過程を追っていきます。

“ATTENTION”は、医療・介護の地域・多職種連携を促進するためのフリーマガジンとして創刊され、おかげさまでこの度、“No.11”を発行することができました。

「受診できていない患者にどう対処するか、薬は減らせるか?」「訪問看護とデイサービスをどうつなぐか、情報の共有は?」「家族がいないケースでの在宅生活の継続性は?」「聞こえの悪さ、倦怠感など、本人しかわからない心理面のケアは?」「元気なときからコミュニティをつくり、最期まで安心して暮らせる『日本版CCRC』を実現する方法は?」「医療的ケア児の家族の現状は?社会保障は?」

読者アンケートでは、様々な職種の方から多岐にわたるテーマの関心事や疑問が寄せられています。 しかし、“ATTENTION”がその全てについて応えられるわけではありません。 語り合う場をつくったり、同志を増やしたりと、それぞれが行動を起こし、当事者やその地域に合った回答を見つけていくことが求められます。“ATTENTION”は、少しでもそのきっかけになれば幸いであると考えています。前号「医介塾まるわかり特集号」では、その想いをお伝えすることができたのではないかと感じています。

今回も、皆様の元に3冊あるいはそれ以上の数をお届けさせていただきました。連携のためのコミュニケーション・ツールとして、明日の地域包括ケアについて語り合う材料としてご活用いただければ幸いです。また、皆様のネットワークの中でご活用いただけるよう、事業所などへの無料送付も行っていますので、お気軽にお申し込みください。

WEBサイトでは、バックナンバーの記事もご覧いただくことができます。「明日の地域包括ケア」で検索してください。これからも“ATTENTION”に是非ご注目ください。

株式会社リライズ
代表取締役 加藤 桂示